So-net無料ブログ作成

I JUST WANNA BE KILLED ! [cloth]

GREAT FUCKIN' THANX A LOT for nicola !!!!!

dehadeha.


家畜人★ヤプー★オークション [cloth]

今日は出張だと思って、朝に待ち合わせ場所に行ったら誰もいない…
火曜日だったみたい(笑)。
遊んでばっかいるから…

僕が好きなブログを書いているnicolaさんに捧げる生贄が以下。

先日のフリマの残り(爆)。
いやいや。そんなTシャツに失礼な。最高のR&Rバンド MAD3のTシャツですよ。
サイズはYOUTH Lでっす。多分未使用。

僕、最近少し育ったみたいで…

どうなんだろ?着れるのかな?
ぱっつんぱっつんだったら嫌だなあ(笑)。
一人でこっそり着てみて、見るに耐えなかったらお譲りしまっすわ(爆)。

今日のタイトルは以下からの引用。

沼正三さんのコンプレックスの集積。
ではでは。


人間犬 [cloth]

あー。人生初フリマ終了しましたー。
色々考えさせられる一日でしたわあ。
あ。ちなみに昨日のブログの写真に写ってるTシャツは1枚しか売れなかったよ(笑)。
値段が折り合わなかったっす。
え~って感じでっす。
だってさあ、自分で欲しいなって思ったものって、お店で買おうがネットで買おうがフリマで買おうが、それに出していい金額って変わらなくないすかね?
フリマだから安くなきゃいけないって感覚が全然分からん…
なんて書くと、ルースターズさんやらtetsuyaアニイからまた頑固一徹とか言われるんだろーけどさ。
やっぱ納得いかんわ。

おっ。暴走族がホーンで「ゴッドファーザーのテーマ」を鳴らしてった!
まだやってるのねえ。田舎だ…

おっと失礼。
やっぱ納得いかんわあ。ってしつこい?
ま。ネットはね、実物見ないで買うから状態が写真より悪かったとかニセモノだったとかがあるから、若干安めの値段のほうがいいかなあって思うけどさ。
僕、別にフリマでもTシャツ1,000円とかでも値切らないで買う。
十分安いじゃん。欲しかったらさ。
ま。後半はグダグダで、人によって言い値変えてた僕もどーかと思うけどね(爆)。
だから半分以上残っちゃったし。
おもろかったから全てよし!

そこで得たのが以下。

結構売れてない?
ま。帰りにtetsuyaアニイと池袋で飲んで帰っていくらか使っちゃいましたが(笑)。

んで、こっから本題(笑)。
僕、人間の首にあう位にベルトを切って、それに長さ3センチくらいの尖った鋲を打ったパンクな首輪を出品してたの(爆)。しゃれでね。
もうフリマ終了直前でぼちぼち荷物を片付けてたら、30代半ばくらいの女性がやってきてそのパンク★ギアを手に取ったんだよね。
僕の頭は???
「これいくら?」
「100円。」
「これ錆びてるから50円でしょ。」
「ああ。いいよ。」
もう、僕はこの時点で飲まれちゃってたな。多分。
そしたらルースターズさんが「それ何に使うんですか?」って合いの手入れたんだよね。
そしたら、その女性はさらりと
「犬に使うから。」



ふ、ふうううん。

その後に、持って帰りたくなかったコートとか勧めたら、その女性が近くにいた男性に「このコートどう?」って呼びかけたんだよね。
んで近寄ってきた男性が…ロングコートにレザーのバイカーキャップといういでたち!
そう。最近ハードゲイとかいう芸人によりポピュラーとなったあの帽子。
こんなやつ。


しかも、前面が白いレザーで鋲まで打ってあるというモア★ハードな仕様…
あっけにとられてる僕達を尻目に、「やっぱりいらないみたい。」と捨て台詞を残して、その男性を伴って立ち去る彼女の背中から僕達は目が離せなかった。
そして次の瞬間、僕達は

「犬って絶対あの男のことだよな(爆爆爆)!」

「あのコートの下は、ラバーとかレザーのすっげーボンテージだよおっ!!!」

すっげーもの見ちゃいましたよお。
見た目普通の女性なのにさあ。こえ~。
今日のフリマはこの瞬間のためにあったんだなあ。
最高。
やっぱこの面子でいるとなんかおもろいことがあるわ(笑)。
今後ともよろしゅうに。

あ。当然BGMは「I WANNA BE YOUR DOG」 by IGGY POPで。

ではでは。


FREAKS MARKET [cloth]

あー。
二日ほど風邪で寝込んでましたわあ。
その間、ゼリー状の物と水分しかとってかったんで少し痩せたみたいで嬉しいです。
え?やつれてる?
ま。今日は快気祝に飲んで来ましたけど。
だからダメなんですけどねえ。はあ。

そんな状況でも今から箱詰めするのが以下。

明日の土曜日に明治公園でのフリーマーケットへ出まーす。
レコードは出さないけど、服中心に出します。
激レア(爆)なTシャツとかね。
売れなきゃ某ネットオークションです。
自動車がないので、わざわざ1,000円払ってキャリア買いました。
買ってください。
そのお金で帰りに新宿でレコード馬鹿買いしまっす(笑)。
おヒマなら来てよね。

ではでは。


ワッペンぺたぺた [cloth]

今日も新宿で飲んでました…
しかし「世界のやまちゃん」の手羽先は美味いっすね。軽くカルチャーショックです。
手羽先って言ったら甘しょっぱくて柔らかいものだと思ってたのに、カリカリで辛いんですもの。
まさにビールのお供です。
昼間は東京競馬場にて遊んできました。
万馬券3レースとった方や、またもや20万馬券をとった方もいましたが…
僕の成績はノーコメントです。
よって、今晩もごちそうさまでした。はい。

最近洋服屋へ行くと気をつけて探しているのが以下。

ワッペンです。
上の3列は、ビンテージのデニムのカバーオールにつける用。
下の2列はM51パーカー(通称モッズ・パーカー)につける用。
こういうことを考えている時が楽しいんだよねえ。
カバーオールはアメリカの匂いがしなくてはいけないし、モッズ・パーカーはブライトンの匂いがしなくてはいけない。そういうのは基本。
でも、探してみて思うのはアメリカ的なワッペンは結構あるんだけど、イギリス的なワッペンってあんまりないなーってこと。
うーん。
そう言えばオリジナル・モッズの人って、モッズ・パーカーにワッペンなんてしてなかったかも…
バイクに乗るときの風除けとか、小屋の床でセックスする時に敷物にするとか、そんな感じだったかなあ。
今手元に「MODS!」の本ないんだよなあ。
ま。もうここまで買っちゃったんで実行するけどね。
でも冷静に見ると「BOY LONDON」のワッペンは…違うかな(爆)。

ではでは。


ハンケチーフ [cloth]

だめだあ。
昨日飲み過ぎい。ぐあいわるし。
帰宅したのは午前2時くらい。6時30分から飲んでたから…結構長いな。
遥か彼方の九州地方より一年ぶりに再会するお客を迎えての宴は大変楽しかったです。
おかげで今日午前中の浅草待ち合わせはぶっちぎってしまいました。すんません。
夕方には合流できるかな。体調が戻ればですが…

そんな昼下がりに洗濯したのが以下。

ハンカチです。
ファニーだなあ。
ハンカチって、普段であればあんま興味の無い分野の小物ですが、これは一目見た瞬間に買うことにしました。
できれば色違いで揃えたいくらいです。
アップにしますね。

も1枚あるんです。

可愛いなあ。
アップ。

ミッシェルガンエレファントのアナログ盤にこんなジャケットがあったな。
汚れるのが嫌なので、ハードには使えないという本末転倒。

あー。ダメっぽい。
げばげば。
ではでは。


染色体 [cloth]

今日は温かな一日でしたねえ。
先日購入したPAY DAYの裏地の無いカバーオールでも十分に外出できました。
しかし、最近は古着ばっかり買ってるなあ。
ぼちぼち雑誌も読んだりしてはいるんですが、現行のブランドではそのブランド力を考慮しても余り「欲しいっ!!!」って思うものがない。

ただ一つ「AFFA」を除いてですが(笑)。これだけはね特別っぽい。
できることなら全部欲しいな(爆)。
それくらい盲目的なまでに憧れるブランド名ですわ。
ま。実際にはそんなにかっこよくないなーって思う物もあるんですけどね。

しかし、街行くホスト崩れみてーなお兄ちゃんたちが制服のように盛んに身に着けている「ドルチェ & ガッバーナ」。あれ、本物なんですかね?結構高い服のはずなんですけどね。
やっぱホストって儲かってんすかね?
まさかデザイナーもこんな着方されてるとは思ってないだろーな…
しかし、マジで高いぞ。
伊勢丹で見たデストロイなジーンズは100,000円近かったような気がします。
たまには欲しいかな?って思う物もあるけどさ。あんまリアルじゃないっすね。買えないよな。
その服って2~3年も着るのかな?

先週の下北沢で40%オフで購入した革のジャンパーが以下。

何なんでしょう(笑)。詳細は分かりません。
タグに「MEMBERS ONLY」と書かれています。
原宿の古着屋で1~2万くらいで売ってるのを見て、少し欲しいなと思っていたのを見つけたんで即買いでしたね。
サイズもぴったり。
値段も4,000円(笑)。

実は昨日の土曜日は「FACTORY」ってライブ番組の収録に行ってきました。
ayaheさんに感謝!
目当ては久々のゆらゆら帝国。
気分的にはこの革のジャンパーにベルボトムって感じじゃない(笑)?当然着て行きました。
他にはロデオ・キャブレターと犬式ってバンドが出た。両方とも知らないバンド。
祖師谷で待ち合わせ、Yさんとayaheさんと合流。
すっげー雨だった。
その上、会場までの道に迷う。
けっこうびちょびちょに濡れて会場に着いて、観客控え室みたいなところに連れて行かれた。
そこで荷物を置いたりするんだけど、そこではっと頭に浮かぶ。

「ジャンパーから色落ちしてるんちゃう…?」

ま…まさかね。古着だからもう色落ちなんてしないでしょ!

その時に着てたシャツが以下。

襟と袖がフリフリで切りっぱなしで素敵なシャツ。
肩から袖にかけてと裾部分に青黒いしみが…(涙涙涙)。
昨日の夜、午前0時頃に帰宅してから階下の迷惑も顧みず洗濯機を回すも落ちなかったっす…
そして、今も洗ってます…
落ちなかったらクリーニングに持って行きます。

※追記
やっぱ落ちなかったっす…
くすん。

と言う訳でライブのレポはありません(笑)。

ではでは。


退屈に殺られるよりは興奮に殺られたいんだ [cloth]

えらい寒いんですけど…ストーブとエアコン両方稼動しとります…
しかも、昨日一台余っていたストーブを人にあげたら、今使ってるストーブのほうが調子悪くなった。
途中で換気マークが出てエラーになる。
ついてないっす。
でも、北海道って夜寝る時もストーブを消さないんだってねえ。
火事になりそうでおっかないけどなあ。
風土って北と南で全然ちがうもんな。もっと色々な土地に行って見たいです。はい。
確かに、福岡のおっちゃんは東京の豚骨ラーメはかたくなに認めないもんな。
「一風堂」然り。
「九州じゃんがら」然り。
「唐そば」然り。
やっぱ東京味に調整してるんだろうね。
僕は一回だけ福岡へ行ったことがあるんだけど、確か「一風堂」で食べたような記憶がある。
人生初豚骨!
しかーし…
やっぱ味覚に合わないみたい。残念。
くさいし。
んで、次の日道端の適当なラーメン屋に入って口直しのつもりで「ラーメン」を注文。
そう。賢明な皆さんは既にお分かりでしょう。

「豚骨ラーメン」が出てきました(笑)。

だって、僕の生まれたところでは「ラーメン」と言えば魚ダシの醤油味と決まってんのよ!
東京だって醤油味じゃん。
ま、一応豚骨ラーメンも普通に食べれるんですけどね。
名も無き店なんで、スープが昨日よりもさらにくちゃい…こりゃ駄目だ。
恐るべし九州大陸。いつか制覇したいぜ。

最近はとある服屋のせいで服が欲しいモードになったようで、昨日に引き続き表参道で衝動買いしたのが以下。(っつーか全て衝動買いだな。思考はゼロ。)

真島昌利がプリントされたTシャツです。
一応店の人に「オフィシャルですか?」って聞いてみた(笑)。
そしたら「最初は勝手に刷っちゃってたんですけど、このTシャツを着て歩いてる人を見かけたマーシーから直接電話が来て『写真は使ってもいーけど、このTシャツちょうだい。』ってことになったんですよ。だから本人公認ですね。」とのこと!
流石マーシー。いちいちやることなすことがクールだねえ。
ソロ・アルバム「RAW LIFE」からの写真かな。
そして、襟首には「I'd rather be killed by excitement than by boredom.」の名文句がプリントされています。
色は白黒青赤の4色展開でしたね。
もう一色くらい欲しい勢いです。
BLUE HEARTSが無くなって、HIGH-LOWSが活動休止になっても、なんとなく大丈夫な気がしてますよ。なにをそんなショックだとか、立ち直れないとか騒いでるのかが、僕には全然分からないのですよ。
昨日見たビデオの主人公Sid Viciousが死んだのは1979年2月2日だ。
僕は一昨日も昨日も今日もレコードかCDを購入した。
なんでここで止まれるんだよ。

ではでは。


CAP CAP CAP [cloth]

ふー。
今週の飲み会ノルマの2/5が無事終了しました。
っつーか、結構無理矢理に三次会はぶっちぎって帰宅しちゃいましたよ。
まだ前半だからね。
ま。二次会で上等でしょ。普通はさ。

いつものとおり、帰り道すがらは山口冨士夫さんを聴いて帰ってきたんだけど、それは既に記事にしちゃってるので、最近の御洒落アイテムが以下。

キャップです。
僕は野球が大嫌いです(笑)。
なぜなら、僕が幼かった頃にはなんと民放が2局しかないっつー僻地に住んでいたんです。
今でも3局しかないけどね(爆)。
そして、選択の余地のない周辺住民はほとんどの人がBRAIN WASHEDでG軍ファンという、とても不健全な地域でした。
当然のよーに父親もG軍ファンで、当時は家庭にテレビは1台が普通だったし、かつ父親がチャンネル権を握っているという状況下。僕は夕方7:00~9:00はほとんど自分の見たいテレビは見ることができなかった…
そしてG軍が敗北すると機嫌が悪くなる。
そしてそんなろくでなしな父親への反発もあって、僕が選んだ部活動は卓球(笑)。
だから、この世に産まれ落ちてウン十年ですが、ベースボールキャップをかぶったことがなかったんすよねー!珍しいっすかね?男子としては。

そんな僕ですが、ここ最近のフリーマーケットでは何故かキャップを探す日々なんですよね。
なにがきっかけだろ?
roostersちゃんのブログかな(笑)?
ベンジーがかぶってたからかな?
んー。分かんないけどね。
髪が伸びてきたからかもね。
まだまだセンスは変わるっつーことで。

ではでは。


LET IT ROCK [cloth]

そうそう。
そう言えば、金曜日の夜に一人で六本木ヒルズに行ったんだった(笑)。
綺麗だったよ。
って、別にカポーやヨパライリーマンを観察に行った訳じゃないっす。
Vivienne Westwood 展を見に行ったんだわ。

感想は別にないな。
そりゃそうだよね。
彼女のキャリアはlet it rockから始まったものだが、今現在まで30年間をサヴァイヴして来ているその総括ともなれば、let it rock → too fast to live,too young to die → seditionariesのラインなんてほんの一部に過ぎないのは当然。
そういう意味では、以前LOVELESSというセレクト・ショップへ見に行った時の方が衝撃的な品揃えだったなあ。
その時の記事をトラックバックしときます。よろしければどうぞ。

ま。彼女自身が「今はもう、『変えて行く服』は創らなくてもよい。今は美しく見せる服が創りたい。」というような発言をしていたしね。
確かにショウは、ため息が出るほどの美しい女性達がランウェイを歩く。
この世のものとは思えない…
人はあんなにも美しくなれるのか?
残念なことに、あまりに美しい女性を褒め称える機会に巡り合ったことのない僕にはボキャブラリーが無い!

う~ん…

妖精のようだっっっ(汗)!

しかし、同じhuman beingとは思えないな…

んで、最後にいつもの悪い蟲が発動した結果が以下。

ロンドンで行われたロカビリー・フェスティバルをあてこんで大量にロカビリー・Tシャツを作って出店したが、思った以上に売れ残った商品にワッペンやビニールや鋲やらでカスタムを施したというLET IT ROCK時代の貴重なTシャツ!!!

をプリントしたTシャツ(爆)。
確かにこれは、GENE VINCENT & his BLUE CAPSだもんな。
こんなお手軽御土産でも、結構なお値段しました…流石。
Vivienne Westwood のタグもついてないのに…
ま。シルエットはVivienne Westwood っぽいけどさ。

ではでは。

※追記
なんだか、seditionaries時代の復刻ラインが発足するとかしないとかの噂が…
まさか、それに合わせた購買意欲増進計画に基づく展覧会だったのか?
うーん。
ま。Tシャツくらいは買うか…な。
パラシュート・シャツも欲しいか…も。
ボンテージ・パンツも欲しい…な。
踊らされてる(笑)?

ではでは。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。